スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトクリスマスと雪上ポタライド
治外法権のブログです。ここままゴーストタウン化して閉鎖に追い込まれそうです。

昨日高岡は雪が振りました。というか富山全体ですね。
24日のクリマスイブ。ホワイトクリスマスになりましたね。

風が強かったみたいです。
降り始めはかなりの勢いでしたが以外に積もりませんでした。

高岡で10cm程です。

寒いので朝からこたつにどっぷり。

夕方ちょっと町内を用事で徒歩ででかけました。
雪がいい感じにしまっていたので、久しぶりにMTBを出して近所のコンビニまでポタです。

PC250136-2.jpg



完全な凍った雪上でないので問題なく乗れました。
まあこの季節、高校生が普通のママチャリで通学してますから。
それをかんがえればMTBまもっと性能上ですからね。


でも乗って感じた違和感。

・ブレーキの戻りが遅い。
・シフトレバーの感覚がおかしい。


整備不良?
0度ちかくだから?

ちょっと不明。あす点検してみよう。


MTBのブロックタイヤでも前輪はやはりすべります。
でも体重のかけ方と意識すると滑らすに乗れました。。練習になります。

明日の朝も圧雪だったら乗ってみようかな。
真剣に雪上用の柔らかめのタイヤ欲しくなった。スパイクはまにあわないとのこと。
ほとんど受注生産で夏にオーダーが終わるらしいですね。


スポンサーサイト
そろそろ2011年モデルの話題。
自転車の世界では夏頃から既に2011年モデルになっていきます。

今年はMTBもロードも新調しました。
ロードのターマックは非常に満足です。

でも中古のトレックMTBはもう一歩。

新製品が気になります。
M2のおいてあった、2011年のスペシャライズド CMBER FSR ELITE 。

11camberelitefsrwhtblk.jpg

めちゃくちゃかっこいい。

欲しいです。
激走! 道宗道 (南砺の山々縦走)
昨日の祝日にかねてからの予定の古道(道宗道)のトレースMTBツアーに参加しました。

道宗道というかつての古道が昨年再現されそれをトレースするツアーです。
起点は五箇山の岩瀬家の近く。終点は井波の瑞泉寺へ南砺山々を縦走する道です。今回のMTBツアーではその半分の行程です。

縄ヶ池近くからひだまり峠へ車で上がります。
そこから峰々を縦走します。

P9201884.jpgP9201888.jpg



左 自転車はこんあ感じでトラックに詰め込みます。後ろはこれから走る山々(高清水山系 俗称東山)です。
右 スタートのひだまり峠。ここで既に標高1040m程です。とでも自走で上がれません。

P9201889.jpgP9201894.jpg

左 道宗道の入り口です。
右 しばらくは普通のダブトラです。なんなく乗っていくます。

P9201895.jpgP9201899.jpg

左 高清水山登山道入り口です。ここから試練の始まりです。
右 こんな感じのかんり急な登りです。滑りました。

P9201900.jpgP9201903.jpg

左 高清水山は1045mと聞いていたので。高度計をみるとここかと思いきや。違いました。
右 いったん下ります。坂の下が見えません。みんなずり落ちました。

P9201910.jpgP9201911.jpg

左 下った後さらに登ってやっと高清水山です。これでもう腹一杯でした。
右 途中の道しるべ。ほとんど熊の一撃です。

途中で明神池の横を通ります。滑って池へ落ちそうになりました。

P9201916.jpgP9201921.jpg

左 検索道峠到着。昔ダムを作るに資材を運んだ跡です。
右 こんな感じでまだMTBに乗ってません。今日はなんのツアーだったでしょう。

P9201926.jpgP9201928.jpg

左 杉山砦跡です。1110mくらいです。最近県内で一番高所にある砦跡が発見されました。どうやって作ったのですかね。
右 しばらくブナ林が続きます。若干乗れました。

P9201930.jpg
この後コースアウトしてしまいます。巡視路に迷いこんでしまいました。写真ではよくわかりませんが、ひだりに傾斜した道を進みました。滑りやすく滑落しそうな危ない場所でした。コースアウトがわかった瞬間はみな落胆しました。
途中で気づいて、コースを戻りました。

P9201933.jpgP9201935.jpg

左 大野峠 ここで昼食休憩です。みなコッヘルとバーナーを持ってきてました。お湯を沸かしてます。山登りの人が多いのがわかりました。自分もお湯をご馳走になりました。
右 ばった号です。

ここで下山したいと意見が分かれましたが結局縦走することになりました。

P9201937.jpg

この跡のコースは比較的幅のひろい尾根道が続きます。アップダウンはありました。が乗れる度合いが多くなります。2人ほどダウンヒラーがいて果敢に挑戦してました。自分はまた濡れた斜め倒木越えでこけました。練習が必要です。

P9201941.jpgP9201945.jpg

左 ダウンヒラーバイクがトラブル。リアディレイラーの破損です。しかし、ろくな道具もないのにばった氏が力技で直してしまった。また伝説が一個増えました。
右 今回の自分MTBはダブルボトルでした。

P9201945.jpgP9201948.jpg

左 新山峠です。ここから下山するコースもありました。また意見が分かれました。結局下山道は急との判断で先進むことになりました。
右 扇山1033mです。すこし手前に赤祖父山を通りました。この先しばらくしてやっと尾根道を下る決断。近くを走る林道に出ます。

林道に出たときはみな歓声をあげました。しかし、この林道も基本はダブルトラックですが整備されてない。ガレ+草で酷かったです。

P9201951.jpgP9201952.jpg

左 八乙女山の風穴堂です。ここから風神が来るそうです。
右 八乙女です。砦がありました。

この跡アスファルト林道を一気に500mほど降ります。気持よかったです。

P9201955.jpgP9201958.jpg

左 途中でとった不動滝
右 やっと閑乗寺公園スキー場に辿りつきました。

無事でかえれてよかったです。


※このコースはけしてオススメできるものではありません。あくまで個人の記録用に掲載しました。問題があれば即削除します。


南砺市の山へMTBツアー参加予定。
今度の3連休に、あるMTBツアーに参戦予定です。

実はMTBは7月のhakuba以来ほとんど乗ってません。

内容の詳細はわかりませんが、八乙女山や赤祖父山といった南砺市の表側に見える山々の稜線を行くツアーです。
1000m級です。かなり不安です。

過去に登ったのは医王山が最高です。

MTBというより山支度が入ります。全然道具ないし困った。
準備が入りますね。

nanto.jpg

簡単に言えば赤線のコースです。ビビリますね。

今回のコースのパンフレットです。

dousyuu.jpg

晴れるといいなー。
真夏の白馬トレイルライドツアー体験
先日の日曜日にネットのMTB仲間。メロビさんとfreebbcさんとでHAKUBA47へ行ってきました。

メインはの地元のツアー企画のSHOT-PROJECTさんのトレイルライドツアーの参加です。

午前はスキー場のゴンドラでダウンヒルを楽しみ。午後からトレイルツアーです。

HAKUBA47ではなく向井の山へ移動。

P7191711.jpg


こんな感じに車に積み込み。ゲレンデまで上がります。

P7191713.jpg

ビューポイントです。でもガスって山頂は見えません。

ガイド兼テクニカルアドバイザー付きでMTBに乗るのは初めてです。
コースはHAKUBA47より最初はもっと簡単な感じです。
中半はかなり(自分だけ)テクニカルになってきました。後半はドロドロです。

P7191714.jpg

見せ場ポイント。ジャンプ台。
ガイドのほりっちさん。

P7191715.jpg

メロビさん。スッゲー。
で自分は・・・・・。出来るわけがない。

P7191719.jpgP7191720.jpg


左メロビさん。右freebbcさんの華麗なジャンプ。
こんな感じのところを4人で疾走。
2本走りました。とても楽しかったです。

ガイドの人も2人(メロビさん、freebbcさんの走りに関心してました。もちろん2人です。自分?論外です。)

あとちょっとしたトラブルもありましたはその後戻ってテクニカルレッスン。

P7191722.jpg

静止・ウイリー・マニュアル・バニーホップ・・・。

P7191723.jpg

メロビさんはガイドさんのアドバイスの飲み込みがとてもよかったです。

自分は基本の静止がちょこっとできただけです。
でもよかったです。

で5時解散。

夏の白馬を堪能した一日でした。

P7191696.jpg

上の写真は午前中にゴンドラから降り立って八方尾根方向を見上げたとこです。
丁度梅雨明けの翌日で最高の日でしたね。

Copyright © 高岡西山マウンテンバイク倶楽部. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。