スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろ秋の山サイに向けての準備その② 「地図のお勉強」
 そろそろ秋の山サイに向けての準備その②です。
みなさんも、山に入るときは2万5千分の1の地図を利用すると思います。最近は国土地理院のWebページも利用しやすくなりました。でも、やはり、等高線の読み方一つで、谷なのか尾根なのか判断に迷うことが多いです。
 近くの本屋に面白い解説本が登山書コーナーにありました。

2万5000分の1地図の読み方 著者、平塚晶人
です。
tizuyomi1.jpg

目次は
地図読みの必要性
山の見方と、地図上の表現
尾根と谷
地図読みのテクニック(基礎編
実践編)
地図の使いこなし
磁石の使いこなし

こんな感じです。紹介文を引用しますと
「地形図が読めるようになりたいけれど、誰も教えてくれない!」こんな声を、山歩きを始めたばかりの人からよく聞きます。登山地図に頼って山に登り、ルートを失いかけた経験を持つ人は意外と多いようです。実は、地形図を読む能力は、けっして独学で身につけられないものではありません。見るコツさえつかめば、努力しだいで何とかなるものです。本書ではそのコツをわかりやすく説明しています。

てな感じで書いてあります。GARMINネタも若干出てました。自分が使っているVistaです。
これは買いですね。基本は登山者向けですが、山サイ愛好家の登りもほとんど登山と同じです。

”おろおろ”が出る間に地図の見かたのお勉強もいいです。

後同じ著者の本で

山岳地形と読図 (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)てのがあります。
こちらは、もっと写真があって見やすくなっているようです。
この2冊があれば楽しそうですね。

tizuyomi2.jpg

↓ランキングに参加しています。ポチッと押して御協力ください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
Copyright © 高岡西山マウンテンバイク倶楽部. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。