スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山スキーと山トレイル
先日、同じ富山のMTB乗りのかたのブログで加重抜重の仕方やコーナーリングで、アルペンスキーと
MTBの比較をされていました。非常に興味深い内容でした。

前々から思っていましたが、自分が理想とするMTBはやはり、先日も申しましたが御近所の里山トレイルです。この里山というか、山岳トレイル(山岳サイクリングという人もいますが)は、アプローチ過程が山スキーに似ていると思います。といっても自分は山スキーをしたことはありませんが。

どの辺かというと

山スキー---専用のスキー(山スキー 裏面にスキー板の下にシールとも呼ばれるものを付ける事で後ろに滑りにくくなり、スキーを履いたままでも、ある程度の斜面を登ることができる)で山を登り、帰りは滑走してくる。

山トレイル---同じく山を登り(場合によっては担ぎ)、帰りは下りを滑走してくる。

MTBトレイルをしている人は、山スキー愛好家も少なくありません。
アルペンスキーとはまた違った、面白さがあるのでしょうね。

実は数年前に今のスペシャMTBを買った年に、山スキーに興味を持ち
したのような、ショート山スキーである、「フリーベンチャー」なるものを買いました。

stc-skiventure.jpg

stc-skiventure-crampon.jpg

本来の山スキーはもっと長く細いのです。これは短いです。最大の特徴は、ブーツを選ばない点です。
長靴でも行けます。もっとも自分はソフトブーツを持ってます。
本格的な山より、それこそ冬の雪上里山ハイキングにでも思って買いました。
といいながら、残念ながらまだ使ってません。
写真のようにアイゼンも一応ついてます。

MTBでどこ行こうとか考えると、次第に地図→自然観光地案内→近くの山ガイド→山岳地図って具合になっていきます。最近がロード中心になってきて、これにツーリングって分野が、加わってきました。

うーん、今年の夏・秋はどうしよう。
楽しみです。

↓ランキングに参加しています。ポチッと押して御協力ください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

No title
メロビさん。コメントありがとうございます。
フリーベンチャーは実はあまり、ビンディングが丈夫でありません。御存じだと思いますが、エッジがないのでファンスキー見たいにはでに動けません。しかも、幅広であまりスピードはでないようです。
その分、短いのでとりまわしがいいです。スノーシューみたいに使えると思います。どちらかというと、林道跡を冬登るとか、平地に近い山をちょっと長靴はいて散策って感じですかね。
高岡中年MTBRider | URL | 2009/07/25/Sat 08:42 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 高岡西山マウンテンバイク倶楽部. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。